記事一覧

中国をA+に1段階格下げ、信用拡大リスク指摘=S&P

中国をA+に1段階格下げ、信用拡大リスク指摘=S&P
[21日 ロイター] - 格付け会社S&Pグローバル・レーティングスは中国の長期ソブリン格付けを「AAマイナス」から「Aプラス」に1段階引き下げたと発表した。声明で「力強い信用拡大が長期間続き、中国の経済・金融リスクが高まったとの評価に基づく格下げ」と指摘。格付け見通しは「安定的」とした。

企業レバレッジ縮小に向けた中国政府による最近の動きについて、金融リスクを中期的に安定させる可能性があるとしたが、「今後2-3年の信用の伸びは、金融リスクを徐々に高める水準にとどまると見通している」との見方を示した。

短期格付けはAー1プラスからAー1に引き下げた。

今回の格下げでS&Pの中国格付けは、ムーディーズとフィッチの格付けと同水準になる。

5年に1度の共産党大会開催を来月に控え、このタイミングで格下げされたことについてノムラ(シンガポール)のエコノミスト、ロブ・サバラマン氏は、企業のレバレッジ解消や国有企業再編などまだ手つかずの、痛みを伴う改革を断行する必要があると中国当局者に認識させるためには時宜にかなっていると説明した。

その上で「中国は成長率から成長の質に焦点を移す必要がある。今年中に中国が成長率目標を6─6.5%に引き下げるか、もしくは目標を設定しないかのどちらかにすることを期待している。それはプラスの兆候となる」と語った。

ミズホ・バンク(香港)のアジア通貨担当のシニアストラテジスト、ケン・チャン氏は、他の格付け2社と同じ水準にするための格下げであり、金融市場への影響は限定的との見方を示した。

*内容を追加します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント