FC2ブログ

記事一覧

7億円分配コミュニティの真実

Windowsの生みの親であるビル・ゲイツ氏が犯した「過去最大の過ち」とは?


Windowsの生みの親であるビル・ゲイツ氏が犯した「過去最大の過ち」とは?








by BorsheimsJewelry



ベンチャーキャピタルのVillage Globalのイベントで、Microsoftの創設者兼CEOでありWindowsの生みの親であるビル・ゲイツ氏によるトークショーが行われました。その中で、ゲイツ氏が「自身の過去最大の過ち」を告白したと報じられています。



Bill Gates Just Confessed His Greatest Ever Mistake (He Still Hasn't Got Over It) | Inc.com



https://www.inc.com/chris-matyszczyk/bill-gates-just-confessed-his-greatest-ever-mistake-he-still-hasnt-got-over-it.html



トークショーの中で、ゲイツ氏はソフトウェア、特にプラットフォームは「勝者総取りのビジネス」であると語り、ソフトウェアエンジニアの起業家が技術面で大勝利を収めるためには、会社設立時に大きな犠牲を払う必要があると説明しました。



そして、ゲイツ氏は「これまでに犯した最大の過ち」として、「MicrosoftがAndroidのようなものを生み出さなかったのは私のマネージングのミスによるものです。今やAndroidはiOS以外の標準的な携帯電話プラットフォームです。AppleにMicrosoftが勝つのは当然のことでした」と告白。さらに「Apple以外のOSというのはたったひとつの余地しかなく、それにどれだけの価値があるかというと……G社からM社に4000億ドル(約44兆円)が移ります」と冗談交じりに付け加えました。



実際にゲイツ氏が過去の過ちについて告白する様子は、以下のムービーのおよそ11分55秒頃から見ることができます。



Bill Gates on Startups, Investing and Solving The World's Hardest Problems - YouTube



これに対して、海外メディアのInc.は「Microsoftの間違いは経済的成長を中心に考えすぎて、ユーザーとなる人間を十分に考慮していなかった点だ」と指摘し、Appleが先進的なスタイルやデザインセンスをアピールしていたのは、スティーブ・ジョブズが直感的に人間の存在を意識していたからだと主張しています。







by Sean Davis



一方で、Googleが2005年に開発企業を買収したAndroidは、オープンソースのOSであるLinuxの思想を基盤に持ちながら開発が続けられてきました。オープンソースによる開発にすることで、Androidは世界中の多くの携帯電話メーカーに採用されることとなりました。これは完全に自己完結的で自己制御的なAppleの世界とは全く異なる、とInc.は述べています。



初代iPhoneが発売された2007年、MicrosoftはAppleのiPodに対抗すべく携帯音楽プレイヤー「Zune」を発売していました。当時Microsoftの共同創設者兼CEOだったスティーブ・バルマー氏が、iPodと携帯電話を組み合わせたiPhoneが499ドル(当時のレートで約6万円)で販売されると尋ねられ、「499ドルは高すぎる。携帯電話は世界の顧客にとっても魅力的ではない」と一笑に付したことがありました。当時のバルマー氏へのインタビューは以下のムービーで見ることができます。



Ballmer Laughs at iPhone - YouTube



ハードウェア事業を推し進めていたバルマー氏は、ソフトウェア事業をメインに展開したいゲイツ氏と関係が悪化。2014年にMicrosoftを退職したバルマー氏は、2016年に海外メディアのBloombergによるインタビューの中で「Microsoftは携帯電話市場に参入するのが遅すぎた」「高価な携帯電話の代金を分割して使用料金に組み込むというAppleのビジネスモデルは革新的だった」と過去の発言が間違いだったことを認めました。



Microsoftはモバイル向けOSとなるWindows PhoneやWindows 10 Mobileを開発しましたが、因縁のライバルであるAppleのiOSや世界シェア75%を誇るAndroidの牙城を崩すことはできず、2019年12月10日にWindows 10 Mobileのサポートを終了した後はモバイル向けOSの開発を行っていません。







by Martin Linkov



Inc.は「iPhoneが登場した当時のMicrosoftがもしAppleと対抗する携帯電話事業を展開していたとしても、多額の使用料という高い壁で囲って孤立した庭を造ろうとしただろう」と述べ、MicrosoftがAndroidのような携帯電話プラットフォームを作り出すことができなかったのはマネージングのミスではなく単にゲイツ氏のビジョンが欠如していただけだと指摘しました。



なお、ゲイツ氏本人はWindows 10 Mobile端末ではなく、Android端末を使っているそうです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント